『シュプリーム 』のおすすめアイテム

業界人のみならず、今や多くの大人たちを虜にしている『スティーブン・アラン』。その新作は、やはり誰もが気になるところ。そこで、今季のしゃれている、使える、気持ち良いアイテムを厳選。この春夏のワードローブを充実させるおすすめの逸品を紹介したい。

デザインソースとしたのは、ヨーロッパのワークジャケット。糸の段階で加工を加えたオックスフォード生地で仕上げられ、さらに加工を施し独特な風合いを生み出した。supreme スーパーコピーそれゆえ、趣はどこかクラシカルさを匂わせる。また、同素材のボトムスとセットアップで着ることも可能。

クラシックのディテールを踏襲しつつも、ゆとりのあるスッキリとしたシルエットにはどこか今っぽさを感じさせる。高密度のタイプライター生地にバイオウォッシュ加工を施すことでフェード感を追加。テーラードジャケットながらどこか抜け感のある表情を作り上げた。

シャツとカバーオールを組み合わせたような姿、ボーダーをストライプ使いした発想など、異彩を放つアプローチに“らしさ”を感じさせる。綿とナイロンを混紡したシャツ生地を立体的なパターンで仕上げたことで、着用時に空気をはらんだような柔らかなアウトラインに。

ファッション・ウイークの私の密かな楽しみといえば、バックステージでのつまみ食い調査です。2020-21年秋冬シーズンのロンドン・ファッション・ウイーク(以下、LFW)では、3ブランドのケータリングを勝手に取材してきました。前回は、調査を行なった4ブランド全てがイギリスのチェーン店「プレタ マンジェ(PRET A MANGER)」のケータリングという結果に拍子抜けし、「今季も同じ結果だったら記事化はできない……」なんて不安もありましたが、こうして記事を書いているということは……そうです、ケータリングに変化がありました(パチパチ)。前シーズンと同じブランドもありましたが、クオリティーが格段に上がっているブランドを評価しました。

「ジェイ ダブリュー アンダーソン」は前シーズンと同じ「プレタ マンジェ」でした。サンドイッチやクロワッサン、マフィン、ヨーグルト、フルーツの幅広いバリエーションで、見応え・食べ応えたっぷりな内容です。ケータリングのメニューが定番化していて、おそらく今後も変わることはなさそう。前シーズンはベストケータリング賞を進呈しましたが、今シーズンは悩むところです……。

「クリストファー ケイン」が選んだのは、ロンドン市内に22店舗を構えるチェーン店「ピュア(Pure)」のケータリングです。ベーコンとアボカドのベーグルサンド、スモークサーモンのベーグルサンド、トルティーヤのラップサンドが4種ほどと、サラダをそろえていました。同じチェーン店といっても「プレタ マンジェ」と大きく違うのは、09年の創業以来「ピュア」はソーシャルグッドな企業であることのよう。包装紙やプラスチック製容器は90%再生可能、ケータリング用の段ボールは100%生分解性、店頭で余った残り物は全てチャリティー団体を通して寄付される仕組みを取り入れています。シュプリーム ノースフェイス卵はゲージフリー(平飼い飼育)、コーヒー豆はフェアトレード認証、肉製品は飼養から販売まで一連の過程を高度な管理基準で保証されたレッドトラクター認証という徹底ぶり。バックステージに置かれたいたストローはプラスチックではなく紙製ストローでした。ちなみに、LFWを取材していた「WWDジャパン」の大杉記者も「ロンドンはどこに行っても紙ストローが出てきますね。プラスチックストローはほぼ見かけない」と口にしていました。自然や環境をコレクションのテーマにする「クリストファー ケイン」だけに、ブランドの考え方はケータリングにも表れていたようです

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s