Tシャツとパンツをまったく同じカラーにするのではなく

1889年にスタートした名門。フランスの北部、ノルマンディー地方のセントジェームス市を拠点としたのがブランド名の起源です。“バスクシャツ” と呼ばれるマリンボーダー柄のコットンシャツが象徴的なアイテム。1世紀以上も伝統を守り続けています。

名門としての信頼感が『セントジェームス』の大きな魅力。また、耐久性の高い生地も特徴的で、もともとはモン・サンミッシェルの干潟で育った牧草を与えた羊の毛を使用し、上質なマリンセーターを生み出していました。コットンシャツの生地も良質かつバリエーションが豊富。主役になるTシャツが揃っています。

定番Tシャツの1つであるピリアックは、暑い夏にもってこい。定番としてはウェッソンが有名ですが、それよりも薄手の素材で吸湿性に優れ、さらりと着用することができます。ヴァレンティノ Tシャツ コピー首周りがスッキリして見えるボートネックが『セントジェームス』を象徴。
ホワイトのオーバーサイズTシャツと、ブラックのショートパンツがスタイリングの軸。スニーカーも同じ色使いのモノトーンで揃え、クールな雰囲気にまとめています。Tシャツとショートパンツの組み合わせは子供っぽく映りがちなので、モノトーンで落ち着いた雰囲気にまとめるのがイチ押し。物足りない場合は、ブルーなどの色があるアイテムを肩掛けしたり腰巻きしたりしてアクセントにすればOK。

かなりシンプルな着こなしですが、こちらもTシャツとショートパンツのセットをモノトーンで大人っぽくまとめた実例。上下をグレーで統一することにより、こなれたムードに仕上げています。tote711Tシャツとパンツをまったく同じカラーにするのではなく、トーンを変えることで表情を生み出し、無造作感を演出しているのもポイント。統一感と変化のバランスが絶妙ということです。

トレンドのペールピンクをオーバーサイズのTシャツで採用。それなのに落ち着いて見えるのは、ブラックのパンツを合わせているからです。夏の黒はヘビーな印象になりそうですが、アンクル丈にすることでヌケ感を加味。さらに、スニーカーをオールホワイトのタイプにして、軽快感や清涼感をプラスしています。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s