腕時計で表現する日本の風景美。伝統工芸との見事な融合に注目

国産腕時計の草分け的存在である『セイコー』が、100年を超える腕時計作りの伝統を継承し、世界に向けて日本の美意識を発信するウォッチブランド『プレザージュ』。『セイコー』が培ってきたノウハウを巧みに落とし込んだ機械式時計は、すでに多くの人が認めるところとなっています。そんな『プレザージュ』は、日本の伝統工芸との取り組みを積極的に行っています。漆や七宝など“人”を生かした文字盤の数々は、大量生産の品には出せない唯一無二の温かみを演出。昨年は、佐賀県伝統の有田焼をダイヤルに採用して話題となりました。そしてこのたび、同ダイヤルで磁器材料の純白さを生かした趣のある新作が限定リリースされることに。その全貌を見ていきましょう。

『プレザージュ』の新作に採用されている有田焼ダイヤルは、工業製品ではなく、あくまで伝統工芸品。そのため、腕時計のダイヤルとして用いるには非常に緻密で正確な技術が必要となります。そこで協力を依頼したのが創業190年の老舗である「しん窯」の陶工、橋口博之氏。ウブロ時計 今まで数々の賞を受賞している熟練の伝統工芸士です。課題となったのは腕時計としての使用に耐える精密さと耐久性の実現です。そのために、従来の4倍以上の強度を持つ磁器素材を使用。さらに超高精度の鋳型での鋳込み工程を経て焼成と施釉を繰り返すという、複雑な工程で作られています。熟練の技術と手間ひまを惜しみなく注ぎ込んだ、まさに芸術品ともいうべき逸品なのです。

今作でイメージしたのは、水面に浮かぶ“水月”。日本人の情緒に訴えかける美しいモチーフです。その儚さを表現するために、透明な釉薬により白磁ならではの純白さを生かしています。また、クロコダイルのストラップには深みのあるブルーを採用し、湖の水面が月明かりでほのかに明るくなる様子を表現。それらの組み合わせによって、実に幽玄な世界が繰り広げられているのです。そして、三日月をイメージしたパワーリザーブインジケーターや秒針が想像力をさらに刺激。hacopy日本人の琴線に触れること間違いなしの仕上がりとなっています。

ファッション業界人やデザイナーなど感度の高い人たちに、絶大な支持を受けているブランドがあるんです。その名は『ユンハンス』。1861年、ドイツはシュランベルクで創業した歴史あるこのブランドは、とくにヨーロッパでは高い知名度を誇る超メジャーブランドです。バウハウスの影響を受けた機能美あふれる芸術品ともいえるデザイン、そして品質も確かなドイツ製なのに手の届く価格。『ユンハンス』は時計界でも1位2位を争うコスパのいいブランドなのです。

『ユンハンス』は語るべきことが多いブランド。デザインにひと目ぼれでもいいけれど、それだけではもったいありません。知れば知るほど『ユンハンス』が好きになる、そんなうんちくにしばしお付き合いを。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s